読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカシラシク。

凡な大学生の日常。よろしくお願いします(^^)

MG フリーダムガンダム Ver.2.0をつくる その②

さてフリーダムガンダムのその②に参りましょう。まずは腰とレールガンです。

f:id:kirie_nadenade:20170228222549j:plain

フロントアーマーがかなり動きます。確かにSEEDの作画は足を開いたのと同じくらいフロントアーマーも開いていたので、これはうれしいギミックですね。作画の表現がはかどります。進化著しいです。モールドも多めで情報量もスミ入れ箇所もマシマシな感じです。

サイドアーマーのレールガンはグリップが格納されています。設定どおりのグリップの可動です。

f:id:kirie_nadenade:20170228222551j:plain

脚部。つま先の可動と、足の前のユニットが下の方に引き出せるようになっており、飛行ポーズの時により自然な表現ができるようになりました。いつもMGやRGでおなじみとなっていた膝関節を曲げたときのヒザアーマーの連動のギミックはなくなりました。個人的に結構好きなギミックだったので残念です。その分とても組み立てやすい印象です。この脚部はとにかくパーツ割が面白かったです。内部フレームもPSを使うようになったため、内部フレームにABSを使っていたころには考えられなかった外部装甲との柔軟な組み合わせを用いたパーツ割りは新鮮でした。

f:id:kirie_nadenade:20170228222558j:plain

これらを組み立て合わせるとこのように。初期連合軍のMSがMGで立体化されたときの系統を汲んでいる、マッシブなプロポーションです。とてもカッコいい。SEEDのMSはハッタリの利いたポージングばかりしていたので、なんだか勝手に細身な方がカッコいいと思ってましたがマッシブなのもいいものです。こう全身を改めて見ると、大河原さんの設定画のがっちりしたいかにもキャラクターメカニックライクな要素と、それにはない頭身の高さや脚の長さといったデザイン性が高いカトキさんの要素がうまく盛り込まれたバランスの体型なのではと思います。マッシブ目な高身長です。許せない(ヒョロガリな筆者です)。

f:id:kirie_nadenade:20170228222620j:plain

ウイング。付け根に近いところのダクトの部分が放熱の際のギミック、ということで展開できるようになりました。なかなかカッコいいのですが写真がありません(´;ω;`)大羽の部分のRGの際にあったような、黒い部分と青い部分とが分離するギミックはなくなりました。アニメの作画で行くと、なんだか細い大羽根が何枚も開いてハイマットモードを描写しているイメージがあったので、RGのあのギミックはその作画を表すうえで理に適っているように思えましたがRGのみとなりました。かっこよかったのになあ。重量とかの問題もあったのかもしれません。黒の部分と青の部分の分かれ目が複雑な文様なのはとてもいいですね。

バラエーナはかっこいいです。新解釈の展開・延長ギミックもいい感じ。ですが・・・・・・・あれ?なんか小さい羽根が生えてる。。。 

f:id:kirie_nadenade:20170228222630j:plain

さて、いよいよ完成です。何も背負わなくてもカッコいいフリーダム本体がバックパックを装着することでよりかっこよくなりました。やはり背負いものありきのガンダムです。マッシブ目な下半身と、ボリュームたっぷりなバックパックのバランスが秀逸ですね。インフィニットジャスティスのMGなんかはバックパックの重さに耐えられるのかってレベルで足が細かったのを覚えているので、そのころの教訓がうまくいかされているように感じるプロポーションです。

でも、、、、こうやってみると少し気になった点があったのです。一つ目は顔の面長感。なぜか納得いきません。赤いくちばしが太いのも。全体的に小顔にして、くちばしも削ることにしましょう。

f:id:kirie_nadenade:20170301011238j:plain

二つ目はバックパックの白いバラエーナの小羽。なぜはやしたのかという疑問が少しづつわいてきました。組み立てた直後はこれもいいなとか思ってたのですが時間がたつにつれてやっぱりいやだなと。てことでこいつは切り落とします。

f:id:kirie_nadenade:20170301012933j:plain

総じて良いプロポーションのキットだなあと思います。ただ、この記事でも指摘した二つの部分について人によっては気にくわない人もいたのではないかと思います。このキットはほかにもアレンジが強めな部分がたくさんあったので(何の情報もなければ本当によくできたガレージキットって言われても信用できちゃうくらいのアレンジの量)、ほかにも人によってこのアレンジは・・・って部分があったかもしれませんね。私はこの二つの部分だけでしたが。ということで、荒いですが写真のストックももうないので②はこれにて終了になります。次は主な改修後の写真とポージングの写真を載せていきたいです。。。

オマケ とにかくぐりぐり動く!!

f:id:kirie_nadenade:20170228222606j:plain

MG フリーダムガンダム Ver.2.0をつくる その①

 

 

f:id:kirie_nadenade:20170228232742j:plain

 

 どしゃああっと。

今回はガンプラについて書きますね。MGフリーダムガンダムver.2.0です。複雑なキットでしたがその割にはランナーの数もそこまで多くはなかったです。噂には聞いていたのですが、腕にも伸縮機構がついていたり、股関節にもギミックが仕込まれていたり、さまざまなギミックから図れるバンダイの本気。組みながら一人で驚嘆してました。とにかくすごいキットです。ガンプラはどのキットもよくできている印象しかないですがこのキットは本当にバンダイの技術の最先端を体験できます。是非皆さん作ってみてください。。。

f:id:kirie_nadenade:20170228232935j:plain

胸が完成したの図。ここまでですが組み立てやすい。すごくぐりぐり動きます。中にはパイロットが載ってますが画像は割愛します。この腰の白い部分と青い部分が独立可動してひねりの動作を再現できるようになっていたり、胸のダクト(グレーの部分)のユニットごと前に引き出せたり、とこの時点ですごい。普通にプラモデルとしてみたら、コクピットが開閉するだけですごいと思うんですけどね。もしバンダイガンプラを作っていなかったら、とたまに考えますが怖いですね。

 

f:id:kirie_nadenade:20170228233142j:plain

 

 頭部。細身なイケメンフェイスって感じでとてもよい・・・と思ってましたがこのあと改修することになりました。アンテナも長めで面長なので、昔の1/100をさらにイケメンにしたような感じの顔立ちです。このままでもよかったのですが、今までかっこよかったフリーダムの立体物は、設定画に忠実な面長なものではなく、私の中ではカトキさんのリファインにかかった、小顔で丸顔よりな印象だったので小顔にしましたがそれは後々書きますね。

 

 

 

 

 

f:id:kirie_nadenade:20170301000938j:plain

腕も作りました。もはやMGにおいて二重関節は当たり前、いまやHGでも二重関節は当たり前になりつつあります。今度は関節から伸縮機構が付きました。これによりSEEDらしいハッタリのあるポージングがよりキマるようになりました。指は親指の付け根が可動する以外は差し替えです。個人的にはそのほうがビジュアルはいいと思うので大賛成です。

 

とりあえずはこんな感じでその1を終わります。正直組んだのは10カ月ほど前の話なので少しづつ思い出しながら執筆しました。。。もっと早く完成させていればなあ。。

ラメンメとイヤホンで優勝!☝wした日のこと

f:id:kirie_nadenade:20170228202354j:plain

f:id:kirie_nadenade:20170228202340j:plain

f:id:kirie_nadenade:20170228202348j:plain

今日も寒い。昨日は北海道から首都圏に来たのですが、こっちの寒さなめてましたね。きのうオタクと秋葉原に行ったのですが寒すぎてスーツ用のコート持ってこなかったことを心底後悔しました。ヒートテックもない。東京の二月の終わりってこんなに寒かったけ??という感じです。うーん。
そんなわけで今日は暖かいものが食べたいと思い、かねてから行きたかったあるものがある神保町に。さてあったかくて神保町にあるものといえば、、勘のいい方はわかるかもしれませんね。そう!ラーメン二郎です。二郎は各店によって味付けに違いがあり、特に二郎通からも評価が高いのが神保町二郎なのです。
とくに美味しいと聞くのは八王子の野猿街道店、横浜関内店、三田本店、ざっとこんな感じでしょうか。ちなみに八王子の野猿街道店には2016年の年の瀬にお邪魔したのですが、年末休業ということで食べることができませんでした。さあ今回の神保町店、これなら二郎初心者のワイでも美味しく・・・・!!!と思い渋谷から半蔵門線で神保町に。六駅なので10分ほどです。
というわけで神保町に降り立ち、スマホ片手に二郎に向かったのですが、、、、、、、あれ、、、、、、あれほどいつ行っても並んでいるといわれていた店頭前に人の姿はありません。いやな予感。近くに行くとお店の電気もついてない。ん?張り紙やんけ、、なんやて?「本日の営業はお休みさせていただきます」ぬあああああああああああああああ!!!!なんで!!!!!!!!!!この前ラーメン神田に行った時も年始休業で店の前まで行ったはいいけど肩を落として帰ったのを覚えています。そして前述の野猿街道店のことといい、二郎の神は執拗に私を嫌うようです。強靭な胃袋を持ちすぎた結果でしょうか。(ないです)

あまりのショックにどうしようかパニックになりかけました(?)とりあえずぶらぶらして、これなら神保町のどこかほかのところでご飯でも、と思ったのですがそれならと、思いおなじくらい食べたかった渋谷の蒙古タンメン中本に行くことに。なんか電車賃を無駄にした気がしますが鉄オタだしいいことにします。ほんとは乗り鉄じゃないけどね!!!!!!
ということで神保町までぶらり旅を終え、三時ごろに渋谷の蒙古タンメン中本についたわけですが結構これがまた並んでいる。列に並び食券を買って待ちます。蒙古タンメン大盛、ご飯をオーダー。久し振りの中本のタンメン。餡のないところのスープをすすります。うまい!みそと野菜と豚のだしが鉄板という味わい。中本の蒙古タンメンは辛い餡が表面にかけられているのですが、餡を混ぜないで飲むスープはピリ辛、という感じです。
そしてその辛い餡、野菜と麺を一緒に口にすすり込みます。うまい。程よい辛さで橋が止まりそうにもありません。本当にうまいのです。みなさん「辛くて最高においしい」という辛さと旨味の自分の中のちょうどいいポイントを上手にアタックする食べ物があると思いますが、それが自分の中では中本の蒙古タンメンという具合なのです。つまり最高にバランスが取れているのです。余談ですが、セブンで売ってる中本のカップ麺もなかなか再現度が高いです。北海道にいるときはあれをよく食べるのですが手軽でとてもいいです。少し話がそれましたが10分ちょっとで間食してしまいました。ごちそうさま!
はてさて、食べ終わった後はどうしようかと考えているとeイヤの渋谷店という存在を思い出しました。そういえばアキバのeイヤ以外行ったことないなと思い立ち、いざ渋谷のTSUTAYAへ。三階にありました。割と狭めな店内で、所狭しイヤホンやヘッドホンが並んでいます。秋葉原のeイヤに比べるとすこし品ぞろえは少ないかな?といった感じです。実は昨日も秋葉原のeイヤに行ったのですが同行していたオタクもいたためあまりゆっくり試聴できなかったのでゆっくりイヤホンの試聴をしました。以下そのレポートです。

ONKYOE900MB→ハイブリッド型で2BA+1DDという構成ですが予想を裏切ることなく良い所取りな音という印象。解像感、定位感ともにめちゃいいです。低音の沈み込みもDDという感じ。ただ、装着感は微妙です。イヤーチップによっても変わりそう。それ以上にケーブルが思った以上にチープな印象。ただリケーブルもMMCXで可能なのであまり気になりません。音の傾向的にそのまま音を全体的に底上げしてくれそうなEFFECT AUDIOのEros Hybridなんかとても相性がよさそう。

RHA CL750→音がシャキシャキ!スピード感が凄まじいです。高インピなのでHA-2SEのハイゲインで試聴しました。ただ、少し高域を盛りすぎかな?という印象でした。音がほんとに澄み渡っていてBA機を聴いている感覚でした。D型のイヤホンという感じはしません超高域~高域寄りながら、バランスのいい出音で、低域も十分という印象。RHAはCL1といいこれといい面白いメーカーですね。。。

RHA MA750→安定のクオリティ。バランスの取れた音です。先程のCL750とはハウジングが共通で音の傾向も似たものかと思いましたが、こちらのほうが高域の盛られている感もなく音源の丸みを感じることができる印象。半面シャキシャキ感はCL750に軍配が上がるので、音全体やリズム隊のスピード感もそちらのほうがいいです。ただ、本当に癖のない万能型で、音源をゆったり聞かせる懐も、ノりよく聞かせるスピード感も持ち合わせているイヤホンという感じでした。一万円を超える高級イヤホンの沼に飛び込みたいという人がいたらすかさず聴かせてあげたいイヤホンです。

AKG N30→AKGが初ハイレゾ対応(ぶっちゃけどうでもいい)、初MMCX、という初なんちゃら物を揃えてきたK3003の一つ下位機種に当たるN40を世に送り出してから半年。実はひっそり(?)さらにその下のN30という機種が出てたので聴いてきました。おお!ハウジングにある空気を抜くポートがうまく機能しているのか、とても自然な音場表現。AKGらしくモニターライクな、それでいて柔らかみのある音でなんでも行けそうな印象。コスパ良いですね。これらが相まって、ライブ音源の音の広がりが気持ちいい機種でした。ただ、やはり何か足りない印象。音があっさりしすぎてる気が個人的にはします。

PM-3→今回ヘッドホンはこの一機種のみ試聴しました。うーん、よい。。。。いつもoppoのHA-2SEを使用しているワタクシにとってこれ以上ないという相棒。4極グランド分離も試したかったのですが、店員さんたちが忙しそうだったので断念。平面駆動でポータブル向け(平面駆動はドライバ自体が大型化しがちなので開放型でホームユースの製品が多いです)というoppoの新興メーカーながらシリコンバレーの強み生かしたこちらの製品。平面駆動は通常のダイナミック型を採用したヘッドホンに比べて音の表現力が高いと聞いていましたがほんとでしたね。細かな音まで表現してくれるので音の広がりが感じられます。うーん。誰に聴かせてもいい音と言ってくれるであろうヘッドホン。定位感、遮音性も抜群でした。自然な音場感はやっぱりヘッドホンに軍配が上がります。いいなあ。ただ五万円はなあ、、、(´;ω;`)

という感じで気になっていた製品がまとまって試聴できた有意義な一日でした。ただ、個人的には昨日試聴したOriolusのFosteniがぶっちぎりという感じです。お値段も手ごろだし。そういう意味では今日試聴したE900MBなんかも心地よかったので1DD+2BAのハイブリッド型が自分好みなのかもしれませんね。愛用のSE425の低域の解像感と沈み込みがすこし不足して感じられるようになったので、DDの低域はやはり魅力を感じます。いやSE425も十分いい低音を聞かせてくれるんですけどね。そういう意味で、本当にハイブリッド型を発明した人は天才だと思います。
そろそろ新しいイヤホンが欲しくなる季節。(????)とりあえずはFosteniですかねえ。余談ですが、この前正月早々に秋葉原eイヤにお邪魔したとき連れて行ったオタクがいるのですが、彼はラディウスさんのドブルべ ヌメロトロワを使っており、BA型の多ドラが欲しいということを聞き、それならばということで私のおすすめイヤホUE900Sを薦めたら2月に早速購入してました。ちょろいオタクです。そのオタクいわく、同時に試聴したFosteniはいいぞというような話を聞いており、気にはなっていたのですが昨日の試聴でいい意味で裏切られました。。。暖かみのある音なのですが解像感も十分で、濃厚な音という印象。ただ、低域の沈み込みと2BAという器用さからくるのか、リズムも心地よく聴かせてくれます。そのオタクがいいといってたのも頷けます。欲しい。

ひとまずeイヤには二日間お邪魔したので、とりあえず今のところは満足です。。。。。。。。。・・・・・・・とか書きながらまた試聴したい機種がでてきてしまいました。うーんこれだからイヤホンはやめられない。この記事を読んでこんなイヤホンが欲しい!とかあったら気軽にコメントなりTwitterのリプなりで質問してください。オススメを紹介しますよ!

いいものですよ、自分の好みのイヤホンって。外出が楽しくなります。

ブログ始めるンゴねぇ

ブログを開設しました。主な理由としてはアウトプットが下手くそだから上手になる、加えてシャドータッチができないのでPCに触れ合うこと(スマホばかり見てる)こと、思ったことを書き留める場がTwitter以外にもほしかったことなど。文章力も養っていきたいところですね。。。不埒な理由に感じますが気にしません。

個人的には今年、いや明日から就活が解禁ということで面接やエントリーシートなど、アウトプットの力はかならず求められる場を迎えることになります。このままでは非常にまずい。と今更思い立ったこと。そんなこんなが主な理由ですかね。

あと、僕たちの日常は何もない中で生活しているようで、じつは色々なことをが起きているように思います。世界情勢なんて大それたものではなく、雨が降ってるとか、今日は寒いから風邪気味だとか、あのラーメン屋が美味しかったとか、今日は体が軽いとか。そんな小さなものです。生活していくうえでいろいろなことを感じて、いろいろなことを考えて生きています。それらを書き留めてみたかった。

なので、とりあえず、このブログでは趣味のこと、日々思ったことなどいろいろなことを書き留めていきます。その中で、自分の思いや考えを発信出来たらなあと思います。

とりあえず、一日2記事を目標に書き進めていきます。ノマドみたいにいろいろなところで書き進めていきます。隙間時間を活用出来たらなあ。。。うまくいくかはわかりませんが、とりあえずやってみることとします。

ということで、Twitterのみなさん、その他の皆さんもよろしくお願いします。