読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカシラシク。

凡な大学生の日常。よろしくお願いします(^^)

合説は新大三生がいくべき理由。

こんばんわ。昨日今日とリクナビ2018主催の合説に連続で行ってきたタカシです。いろいろな企業を見てきて、そこそこ有意義になったのですが、私は大きく後悔しています。それは、この合同企業説明会は私のような新大学四年生がいくべきものではないと思ったからです。あと一年早く行っておくべきだった。これは本当に思います。私のまわりにも新大学三年生が何人かいますが、本当に今年行くべきだと思います。なんなら私と一緒に行きましょうってレベルです。なんでそう思ったのか、今日はこれについて書きますね。

「実はもう内定をどこかからもらっている方はいますか?」私が合説で受けた企業の採用担当者の方が私たちに向けて問いかけました。すると、20人ほどいた学生のなかから驚くことに二人ほども手を挙げたのです。地方大生の私にとっては目が点になるばかり。

結論から言うと、本当に優秀な人はとっくに就活を終わらせているということなのです。私のように2018卒でありながらのんびりと3月1日から就活した気になって、ドヤ顔で企業説明会の最前列に座り込み、さもわかったような顔して採用担当の話を聞いているような人はその時点でもうハンディを負っているといえるように思います(いやほんとに説明会出るのならそりゃ前で聞いた方がいいのだけれども)。少なくとも優秀な学生はもう就活なんてとっくに終わらせている、あるいはその直前なのではないかなと感じます。優秀な人はもう18卒なら16年の夏、つまり大学3年の夏から選考直結型のインターンにエントリーしてそのまま内々定を企業からもらっているのではないかな、とかあるいは学校推薦でほぼ安泰に優良な超大手企業に決めてるとか。その場合はまだ普通に就活はしているのかもしれませんがね。優秀な学生はもう企業からの内定をもらっているという事実がとにかくそこにはあるのです。

それが何を意味するのかというと、私たち今から就活をする組はより厳しい戦いが必要になるということ。もっと言うと、もはや本当に優秀な学生が集まった企業にとっては、それこそ今からエントリーする学生なんて優秀な内定を出した学生にキャンセルされたときの補欠程度にしか企業は考えていないのかもしれません。企業の採用人数なんてそう変えられるものではないでしょうし。

経団連によると18卒は17年の3月から就活解禁」、とどの企業の選考も3月からでないと企業が制裁を受けるかのような表現をこぞってマスコミはしますが、別に経団連の定めていない17年3月前から企業が採用活動を始めたって別に法的制裁を企業が受けるわけではありません。だったら、そりゃ早くから選考活動をしますよね。単純なことです。

だから、この記事を読んでいる新大学三年生の人。本当に悔いなく就活を終えたいのであれば、いまから説明会に出ることをお勧めします。出るだけで本当に何となくですがその企業、業界のことを教えてくれますし採用担当の方に質問もできます。3年の3月に聞いたことを基に、夏には受けたいなと思う企業をあらかじめ絞っておけば、インターンシップにも行きやすいはず。

もっとも新二年生から合説に行くのはアリでしょう。早くて損することなんて微塵もないみたいですし。以上が私の合説に2日間行って感じたことです。

私のような情報・就活弱者はこれから切り替えて頑張っていかなければなりません。だから後輩たちよ、こんなことを思わなくていいように就活は前もってしっかりと準備してください泣