読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカシラシク。

凡な大学生の日常。よろしくお願いします(^^)

活力が湧かないと感じたら。

こんばんわ!連投です。突然ですが、みなさん人生楽しんでますか?私は微妙です。就活も控え、(いや真っただ中)なんだかどこか冷めた気分で生きているタカシです。就活がなくても、なにもかもなーなーで生きている人間です。だから、そんな感じが微塵もない、むしろいろいろな苦労さえも成長の糧にして毎日を過ごしている、人生を楽しんでいる人は本当に応援したくなります。夢を追っている人と言えましょうか。(声優さんとかね)私もそんな生き方をしてみたいものです。ですが、私はできない。臆病だからです。失敗するのが怖い。だから声優さんとか俳優さんとかの方々に限らず、表で活躍する方って本当にすごいと思っています。上から目線のようで申し訳ないですが。。それだけのことができる方は応援させていただいてる私からしても勉強になることばかりです。生きざまに「エモ」を感じます。

 

そういう人々は、大きかれ小さかれ様々な人生経験を積んできたことと思います。そうして、それをしっかりふりかえっていると考えます。結局、人間が人生で何か現在進行形でぶち当たっている瞬間っていうのは、まったく何でこんなことになっているんだ程度にしか思えない。自分で引き受けようとも思っていなかったことで起きた事ならなおさら。なんで自分は、、、こんなことを経験するなんて、、、etc。でも、そういうことを自分なりに考えたうえで解決して、時間がたち、また新たな困難にぶち当たったとき、ふと過去に経験した昔のことを思い出す。すると、なんだかあの時の経験があったからなんとかなるかもな・・・・・と感じられる。「次もがんばろう」という原動力になる。失敗したこと、経験したことを振り返ることで、どうにかなる、という楽天的な、しかし優秀な「直感」が機能するようになるのでしょうね。余談ですが、直感は信頼性が高く、自分を取り巻く環境などを脳が高度に一瞬で処理した上で出す自分なりの答えであって、直感の的中率は8割(!)にも上るということです。

 

だから、最初に上げたような、人生を楽しんで、なおかつ成長している人々は、自分が経験した物事を自分なりに自分の中での思い出として昇華できている人なのかなと。そして、間違いなく自分の強みにしているのだろうとも私は考えます。なので、なにかの物事にぶつかったと感じたときは、自分の人生を見返してみるのはどうでしょう。
人生なんて後から振り返ってみなければつらいばっかりのことが多いので、あとから振り返って何が残ったか、何を経験できたかを見ることを楽しみにとりあえず頑張ってみるかー。と。


そうやって考えると、つらいことに直面してもがんばってみようかなという気に私は少しなります。

 

合同説明会@ビッグサイト

こんばんわ!

少し前ですが国際展示場、もとい東京ビッグサイトで開催されたリクナビ2018主催の合同企業説明会に行ってまいりました。今日は3月初頭に開催されたものと違って、ベンチャー企業も多く結構面白かったです。一般的なベンチャーだけでなく、メガ・ベンチャーとも呼ばれるような、例えばAmazonなんかの説明会も行ってきたのですがたしかにまあ成長力豊かだなあと。とにかく英語が使えないことにはどうにもならない職場のようなのでエントリーはしないですが。やはりこの二十年という短い時間で、それも最初はインターネットでニッチな書籍を販売していた会社が今や2兆円の収益をあげ、全世界においての従業員数は14万もの人数を擁する企業になったのですからね。並みの物じゃありません。トライ&エラーの繰り返しだそうです。

普通のベンチャー企業としては飲食店系の企業の説明を聞いてきたのですが、その会社の掲げている理念曰く、収益を挙げるために同業他社同士の価格競争にあえて参加はしない。そうすれば従業員が疲弊するのは目に見えているからだ。私たちは私たちなりの戦略でシェアを広げる。という理念を掲げている企業があって変に納得してしまいました(どんな戦略家までは聞くことはできませんでしたが)。そういうベンチャー企業の社員さんはなんだか野心にあふれていて、頼りがいがあります。初めてベンチャー企業の説明を聞いたのですが面白そうだなと思い単独説明会に行くことにしました。ベンチャーはやはり目まぐるしく自分や周りを取り巻く環境が様変わりしていくので、自分や会社を形作るものをより自分で、仲間でという実感をしやすいのでしょうね。やりたいことが決まっていればそれほど楽しい企業はないのではとも今日のアマゾンと飲食店系列の説明を聞いて感じました。それほどやりたいことが固まっていないからなあ。。というのが本心です。

もいっこICTソリューションの大企業の説明を受けてきたのですが、やっぱり和気藹々自由闊達な企業風土のところといった印象でした。損保系列の会社なのですが手厚い研修制度で、入社後にやめる社員は三年間で6%と少ないという話が印象的でした。残業はありきでしょうが気になっている損保業界とICT両方が体験できる企業であり、いまのところ気になる企業であります。

日記のような記事ですが今日はこれにて。来週の19日の開催のマイナビの合説にも足を運んでみることにします。がんばろ。
それでは。

SHURE SE425

こんにちは!

旅行しててブログの更新ができませんでした。(単に疲れてた)二泊三日の京都・大阪の旅に行ってました。楽しかったー。就活中に何してんだっていう突っ込みは置いておいて、今日は使って結構経つ私のイヤホンの記事を書きます。
SHURE SE425というイヤホンです。去年の7月終わりに購入しました。もともとおなじSHUREのSE215というイヤホンを使っていたのですが、ステップアップがしたくなり購入。でも正直、素のこのイヤホンの音はあまり好きではないです。でもデザインがかっこよかったこと、抜群のフィット性にひかれて購入しました。(試聴した時はそこそこよく聴こえた私の耳はどうなっていたのか・・・・・・)

f:id:kirie_nadenade:20170310122043p:plain

SHURE SE425

スペック的なお話をすると、BAドライバ二基の構成のイヤホンで、それぞれ低域一つ、高域一つのドライバ構成です。本体はMMCXでのリケーブルに対応しており、各社サードパーティーのリケーブルに対応しています。
話は少しそれますが、マイクの圧倒的シェアを誇るSHURE社におけるボーカルマイクの製品における音つくりの特徴として、周波数特性という観点からみた時5000hz周辺にピークを作っています理由は、人間の声をより伸びのある声質として表現するため。多くの人間の声の特徴として、その周波数帯は倍音が多いとされており、その帯域をさらにマイクでブーストしてやろうという算段なわけです。たしかにこのメーカーのボーカルマイクのレビューを見ていると「声に艶が出る」というようなレビューが多くみられます。

f:id:kirie_nadenade:20170310121621g:plain

SHURE社の超ロングセラーボーカルマイクSM58の周波数特性

ボーカルマイク以外は極めてフラットな音つくりをしているメーカーでもあります。
SHURE社のイヤホンは下からSE215、SE315、SE425、SE535、SE846と基本的に分けられており(SPEやらLTDもありますが)、すべて試聴しましたが、音つくりが各番台で異なります。なので単純に数字が大きいからいい、というものでもなく好みによって商品を選ぶことになります。ざっくりと各番台の音の傾向をお話しすると、215がピラミッドバランス(低音域がしっかりしている)のリスニング向けでダイナミックドライバが好きな方向け、315がヴォーカル重視(中音域が多い)のリスニング向け、425は低域が少ないもののフラットな特にボーカルのステージユース向け、535がは低中音域が骨太ながら総合してみると全域フラットなモニタリング向け、846は低域が本当に下まで出てなおかつ超高解像なオールラウンダーなイヤホン、といったところかと思います。 今日紹介するSE425はじつはリスニング向けではないイヤホンといえます。

f:id:kirie_nadenade:20170310122009j:plain

f:id:kirie_nadenade:20170310122032j:plain

 
それでは音のレビュー(個人的な主観が多くかつクソ耳並感想です)。
このイヤホンは10000hz以上の超高域の音、つまり音像をカリカリ書き分ける周波数帯の量感が少ないため、音数が多いとあまり分離がよくなく聴こえる傾向にあります。超高域が少ないこと、さらに中音域フォーカスの周波数特性上AMラジオのような音と評されることもあります。音像のダイレクト感が足りないといった感じですかねえ。なんだかこのイヤホンの描き出す音像を聴くのはすべてもやのなかのような。でもよく聴くと確かに正確無比っぽい音を鳴らしています。
さらに、このSE425とSE535はSHUREのボーカルマイクにおける音作りを継承している周波数特性で、私の耳で顕著にその特性が表れている印象があります。シンバルやハイハットなどの金属音の鳴りが雑なほどに強調されてる感があるのです。刺さるというより「割れる」ような音です。とくにSE535にくらべてSE425のほうがその傾向が強く感じます。ほかのイヤホンの金属音の鳴りがスーッと消えるような鳴りだとしたら、SHUREのこの二機種はカシャーンと言った具合です。正直な話購入したときは本当に失敗したと思いました。

f:id:kirie_nadenade:20170310122018j:plainメタリックボディにでかでかと425と刻印されています。この無骨さがいい。

しかし、中域の表現が得意なため女性ボーカルなんかは本当に伸びを感じられる鳴らし方をしてくれます。ギターの表現も得意ですね。とくに弦表現は何とも言えぬリアリティ、実在感があります。きっとこの金属音のピーキーな鳴りとボーカルの艶感はトレードオフなんでしょうね。
そして、このSE425の何とも言えない強みが使用していくうちにわかってきました。それはイコライザの追従性です。凄まじく器用にイコライザで意図したとおりの音を鳴らしてくれます。こんなイヤホンもまた、SHUREのこの二機種だけではないかと感じます。ほかのイヤホンでこんなにイコライザが利きやすい機種は聴いたことがないような気さえします。筆者の環境はiPhone6s+HA-2SEにONKYO HF PLAYERを用いて音楽を再生していますが、本当にイコライザをいじるだけで素のSE425とは全く違う音のイヤホンが出来上がります。5000~7000hzを落とし、10000hz以上の高域を伸ばしてあげるとかのER-4Sのようなカリカリの超高解像な音像に仕上がります。BAドライバ二つを積んでいるだけの分離感がいい感じです。金物の割れ感もなくなります。さらに筆者は50HZ~85hzあたりを強めにブーストしてノリのいい音に仕上げています。素の音がフラット故にこれだけイコライザに対し優等生なのでしょう。

f:id:kirie_nadenade:20170310122024j:plainiPhone6s+HA-2SEと。いつもの外出スタイルです。どこでもいい音。

こんな感じですかね。正直イコライザなしだと個人的にうーんて感じです。あの金属音の音の割れ感がなんとも、、、、ボーカルは確かにきれいなんですけども。
今度はHA-2SEの記事でも書きましょうか!カッコいいポタアンナンバーワンですよあれ。

それでは!

MG フリーダムガンダム Ver.2.0をつくる その③

f:id:kirie_nadenade:20170304220538j:plain

さて。きょうはこのガンプラの記事を完成させます。

一回書いた記事が消し飛んだのでさくっと行きます。なんか画像を一々貼るだけでページの応答が切れるのでイラつきます。

f:id:kirie_nadenade:20170304220717j:plain

f:id:kirie_nadenade:20170304230731j:plain

全体。小顔にして小羽を切り落としたのがポイント。

f:id:kirie_nadenade:20170228222630j:plain

少々わかりづらいですがビフォーアフターです。

それで何枚かアクションポーズを。

f:id:kirie_nadenade:20170304235246j:plain

フリーダムといえばSEEDでの初登場のシーンの印象が強いです。満身創痍のアークエンジェルを救ったあのシーンです。ジンに艦首を撃ち抜かれる直前でした。

f:id:kirie_nadenade:20170304230708j:plain

タイトルバックっぽく。安定した可動範囲で無理なくぐりぐり動かせます。

f:id:kirie_nadenade:20170304230715j:plain

ハイマットフルバースト。夢が詰まってますね。結構びしっと決めたつもりですがいかがでしょうか。いつの間にかアニメでも普通にやるようになってて子供心ながらあれ?と思ったのを覚えています。

f:id:kirie_nadenade:20170304234933j:plain

 

さて。いかがでしたでしょうか。写真が少なく、また実際の物が手元にないので写真を撮りなおすこともできずに申し訳ありません。でもそのうちでもマシなものを載せたつもりです。このキットは本当に完成度が高かったのでガンダムを知らない人でも楽しんで組み立てることができるキットなのではないのかなあと思います。興味のある方は是非。

f:id:kirie_nadenade:20170304220422j:plain

おわり。

頭がいい=勉強ができる=要領もいい?

頭いい人ってかっこいい!勉強もできるし、要領もいい。なんだかそんなイメージありますよね。頭がいい=勉強ができる=要領がよく仕事もできる。このことは方程式かのよう唱えられていますね。でも、巷では東大卒でも仕事が全くできない方が問題になってたりとか、逆に中卒ながら今では大企業の社長となられた方もいます。これらは少し極端な話ですが、結局何を言いたいかっていうと頭がいい、要領がいい、勉強ができるという三つのハイスぺ要素に相関はないということです。それではまず、私が感じるこの3ハイスぺ要素の定義を一つずつお伝えします。

① 頭がいい
頭がいいというのは、筆者なりには先を見通す能力であると思っています。大抵クラスの優等生はこのタイプであると思います。将来が心配だから、行きたい企業があるから、行きたい大学があるから、勉強しないと親に怒られるから、勉強しておこうとなるわけです。彼らは課題やレポートもすぐにこなします。いずれはやらなくてはならないとわかっているからです。あとから躍起になって一夜漬けで生産性の低い中、レポートの品質をさげるようなことはしません。なぜなら成績の低下につながるから。驚くほどまじめなタイプの人々です。

②勉強ができる
勉強ができる人、言葉はあれですが勉強”だけ”できるタイプはただただオタクなのではと思います。(先に言うと、私はオタクという言葉に関して卑下した意味合いは持たせているつもりは全くないです。)。勉強って面白いし、のめり込めるから勉強してたらいつの間にかクラス上位の成績になってたな、ということですね。つまり、彼ら特有の「興味があること、面白いと感じた事を突き詰める」その対象に勉強がたまたまあっただけという話であると思います。ただただ勉強が面白いから突き詰める。すばらしい才能だと私は感じます。
余談になりますが、私はオタクです。しかしながら困ったことに勉強はできません。オタクの中でもなぜその差ができるのかというのは話さなくともわかりますね。私は勉強が面白いとは思わなかったからです。

③要領がいい
応用力ともいえるでしょうか。もう少しつっこんで私なりの要領がいいということの定義を紹介すると、「当人の人生におけるそれまでの様々な物事に対する経験と、現在解決しなけばならない物事との相関関係を見出し、その経験をもとに現在解決しなければならない物事を限りなく効率よく解決することができる能力」であると私は考えます。今あげた三類型のなかでは、ぶっちぎりで最強なハイスぺ要素だと私は考えます。なぜならこの能力があれば、大抵のことはそれなりにできてしまうからです。でも、この能力だけあっても物事のトップにはなれません。「効率よく物事を解決すること」でこの能力のカバーできる範囲は終わってしまうからです。直面した物事を解決することだけではその道のプロにはなれませんよね。勉強にしろ、スポーツにしろ。

さて、ざっくりですが私のこれらの説明について書き連ねました。これら三つの能力はすごく似たように思えて、実は全く違う能力なのではと私は思っています。あくまで私がそう考えているだけですが。ここまで書くともうわかりますよね。完璧になるためにはこの上の能力すべてバランスよくモノにすることが求められるのです(別に完璧になる理由はひとっつもありませんが)。そこまでいかなくとも、本当に何でもそつなくこなせる人間を目指したいと思うのなら、どの能力もある程度は必要でしょう。
この理論が本当に通用するのなら、いくら勉強ができても仕事はそういかない人も、逆に仕事はできても勉強は出来ない人がいるのも納得できます。しかし、個人的にはどれか一つの能力がすごく身についている人であれば、あとの二つの能力も身についている人が大多数のように感じます。とくにオチが無くて申し訳ないのですが、個人的に混同されがちと思ったこの三つの能力について私なりの価値観をお伝えしました(何もなくて本当に申し訳ない・・・)。とりとめもないことでしたね。ごめんなさい。

 

 

合説は新大三生がいくべき理由。

こんばんわ。昨日今日とリクナビ2018主催の合説に連続で行ってきたタカシです。いろいろな企業を見てきて、そこそこ有意義になったのですが、私は大きく後悔しています。それは、この合同企業説明会は私のような新大学四年生がいくべきものではないと思ったからです。あと一年早く行っておくべきだった。これは本当に思います。私のまわりにも新大学三年生が何人かいますが、本当に今年行くべきだと思います。なんなら私と一緒に行きましょうってレベルです。なんでそう思ったのか、今日はこれについて書きますね。

「実はもう内定をどこかからもらっている方はいますか?」私が合説で受けた企業の採用担当者の方が私たちに向けて問いかけました。すると、20人ほどいた学生のなかから驚くことに二人ほども手を挙げたのです。地方大生の私にとっては目が点になるばかり。

結論から言うと、本当に優秀な人はとっくに就活を終わらせているということなのです。私のように2018卒でありながらのんびりと3月1日から就活した気になって、ドヤ顔で企業説明会の最前列に座り込み、さもわかったような顔して採用担当の話を聞いているような人はその時点でもうハンディを負っているといえるように思います(いやほんとに説明会出るのならそりゃ前で聞いた方がいいのだけれども)。少なくとも優秀な学生はもう就活なんてとっくに終わらせている、あるいはその直前なのではないかなと感じます。優秀な人はもう18卒なら16年の夏、つまり大学3年の夏から選考直結型のインターンにエントリーしてそのまま内々定を企業からもらっているのではないかな、とかあるいは学校推薦でほぼ安泰に優良な超大手企業に決めてるとか。その場合はまだ普通に就活はしているのかもしれませんがね。優秀な学生はもう企業からの内定をもらっているという事実がとにかくそこにはあるのです。

それが何を意味するのかというと、私たち今から就活をする組はより厳しい戦いが必要になるということ。もっと言うと、もはや本当に優秀な学生が集まった企業にとっては、それこそ今からエントリーする学生なんて優秀な内定を出した学生にキャンセルされたときの補欠程度にしか企業は考えていないのかもしれません。企業の採用人数なんてそう変えられるものではないでしょうし。

経団連によると18卒は17年の3月から就活解禁」、とどの企業の選考も3月からでないと企業が制裁を受けるかのような表現をこぞってマスコミはしますが、別に経団連の定めていない17年3月前から企業が採用活動を始めたって別に法的制裁を企業が受けるわけではありません。だったら、そりゃ早くから選考活動をしますよね。単純なことです。

だから、この記事を読んでいる新大学三年生の人。本当に悔いなく就活を終えたいのであれば、いまから説明会に出ることをお勧めします。出るだけで本当に何となくですがその企業、業界のことを教えてくれますし採用担当の方に質問もできます。3年の3月に聞いたことを基に、夏には受けたいなと思う企業をあらかじめ絞っておけば、インターンシップにも行きやすいはず。

もっとも新二年生から合説に行くのはアリでしょう。早くて損することなんて微塵もないみたいですし。以上が私の合説に2日間行って感じたことです。

私のような情報・就活弱者はこれから切り替えて頑張っていかなければなりません。だから後輩たちよ、こんなことを思わなくていいように就活は前もってしっかりと準備してください泣

企業説明会に行くべき理由。

うーん。つかれた。合同説明会とやらに行ってきました。幕張メッセは想像以上に大きかった。人、人。人しかいない。ほんとに人波にもまれるのは疲れる、、、ってことで6社ほど説明を受けてから最寄りのマックで今この記事を書いています。腰やらが痛いです。

f:id:kirie_nadenade:20170301231305j:plainこんな感じのブースの集合体で自分の行きたい企業を歩きながら探しつつ、つまみ食いして回る感じです。
ある程度行きたい業種のめどはついていたので、それらに沿って回るといった形でしたが、なかなか実りのあるものでした。逆に、なにも考えずに回っても何も収穫がないと思います。ただ疲れるだけ。現代は企業の情報ってある程度はHPなりみればある程度は掲載されているので、それだけなら気になる企業だけHPで調べてエントリーすればいいし合説なんていかなくていいやと思ってしまうかもしれませんが、やはり実際に働いている人、人事として採用活動を担当している人々から紡がれる言葉というのは説得力を感じます。それ以上にも、合説に行くのには大きな理由があります。それを今回は書きますね。

 

合説に行くべき理由は私なりに大きく分けて二つあります。一つ目は社風がある程度わかるということ、二つ目は本当にいろいろな質問ができることです。
それではまず、社風がある程度掴めるということですが、企業も人間の集団である以上、考えが似たような人々が集まるということ、そしてそれが人事の方々にも少なからず当てはまるということです。みなさんも友達を作るとなったら、趣味が同じだとか、価値感が同じだとか、そういったことを友人には求めると思います。そして似た者同士が集まって、グループになります。企業にも結局は同じことが言えるように感じます。そういった意味では、企業の生の声を聴ける説明会という場はその企業の人が直々に説明してくれるので、その人のしぐさや話の仕方から社風がある程度つかめるということになると私は考えます。早口だとか、話しなれてるとか、服の色だとか、そんな感じで。

 

日本では、大学で習ったこと、特に文系は学びが仕事に直結するということは少ないですよね。そうなると、選考を受ける会社を決めるのは、必然的にやりたい仕事であるとか、社風にひかれたとかそういうことになります。日本の企業はありがたいことに、OJT(On Job Training。仕事内で上司がビジネススキルなどのソーシャルスキルや仕事内容などの専門的なことをトレーニングしてくれる環境のこと)もOFFJT(OFF Job Training。仕事外で上記のことをトレーニングしてくれる環境のこと。)も整った環境であると思います。今まで私が赴いた企業の説明では、どの企業もしっかりとした研修を行っている旨を説明していました。なので、私たち新卒は仕事に対してスキルのあるなしはそう考えずとも企業を選ぶことができるのが日本の就活の特徴ではないかと思います。

なので出来るならやりたい職種で、自分が就職した後も無理なく仕事を続けることができる企業、つまり自分の求める社風、あるいは自分に会った社風の企業に就職することが、就活をする上ではひとまずはゴールになるでしょう。そして、新卒に対しても企業はその人が自企業に合った雰囲気の人であるかは間違いなく求めています。でも企業風土を文面で判断するのってなかなか難しいですよね。それなら企業の説明会に赴いた際にその人事担当者の口調、語尾や服装などもろもろから判断してみるのもアリなのではないかと思います。
実際に私が受けたIT系の企業の説明会のプレゼンの様子では、担当の方の話ぶりを見るかぎり自由な社風かな?と考えていた企業がありました。説明会後にあるほかの学生から「社風はどのようなものですか?」という問いが出たのですが、やはり自由な社風ということでした。やはりその会社の方はその会社の社風を表しているといえるでしょう。社風に関して当たりをつけて見るのはホントにアリだと思います。自分に会った社風の会社にエントリーすることは、面接やESもパスしやすいと思いますしね。


二つ目は、そっくりそのままです。企業のHPを見るだけではわからないようなこと、例えば選考の日程などうまくいくと教えてくれたりなんかしちゃいます。特に選考の日程がわかっているかいないかで私たちはかなり就活に関しての予定の立てやすさがかなり変わってきます。そういったぶっちゃけたことを聞ける場だと思います。面と向かって聞くのは勇気のいることですが、聞いちゃいましょう!採用担当の方も質問を待ってくれています。優しい方々ばかりですよ!


ざっとこんな感じだと思います。つけくわえるとしたら、ぜひ友人と行くべきということです。人も企業数も多いので、参加企業が見つからないとか場合によっては無目的になってしまいがちなものですが、友人の行きたい企業の説明に行ってみるとか、そのまた逆もしかりといったことができ、全く興味のない企業だったけど実は優良企業なのでは?みたいな企業に出会える場でもあります。友人がいると心強いですしね。
19卒でも下見に行くのはアリです。むしろするべき。入場出来ちゃいますよ!
というわけで、実りのある一日でした。明日もですね。一緒に行く方、いらっしゃいませんか?(笑)